EXHIBITION
展覧会、アートフェア

  • 矢原 繁長 展 / Shigenaga Yahara Exhibition

矢原 繁長 展 / Shigenaga Yahara Exhibition
2020.09.26 – 2020.10.10

 

 

このたび川田画廊では矢原 繁長 展 ―「詩集封印2020」自らの詩集を金属で封印する―

を開催いたします。

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

●会期:2020年 9月 26日(土) ~ 10月 10日(土) 10時~18時 (水曜・日曜 休廊)

※ 9月27日(日)は営業いたします。

 

●作家在廊日:9月26日(土)、27日(日)各日14時~17時

 

●会場:川田画廊

 


 

言葉の可能性を芸術の領域に昇華させる営為の数々

 

自らの詩を鉛と鉄で封印する。それは芸術の原風景を取り戻す行為である。

 

文学と詩の限界を突破しようとする詩人は、「芸術を深化させる」という意図のもと、自らの言葉を否定してみせる。一見、矛盾したその創作姿勢こそが絵画とオブジェに「崇高な美」を付与することとなる。作品「詩集封印2020」・・・それは、現代美術家・矢原繁長が到達した普遍の境地を示唆するものである。

 

「アウシュビッツ以後、詩を書くことは野蛮である。」・・・アドルノのその言葉は現代においてこそ再考されるべきである。SNSでは、その場限りの短いフレーズが飛び交う。そんな中、文学、あるいは詩は、その成立基盤を失った。そして、そんな現状を憂える言葉にも、もはや説得力はない。ここで必要なことは、現代への問題提起を行うための自己犠牲である。

 

詩人としての矢原が詩を書き、美術家としての矢原が、それを金属で封印する。その行為は現代を見つめる正確な眼と深い思考に支えられている。その自己犠牲の精神から制作されたオブジェ「詩集封印」は、至高の美しさに充ちている。

 


 

 

 

ARCHIVE

会期 2020年9月26日(土)~ 10月10日(土)