TAIKAN YOKOYAMA
横山 大観

神戸 川田画廊では横山 大観(よこやま たいかん)の日本画・掛軸・版画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。 ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

ARTIST PROFILE

  • 1868
    水戸に生まれる。父は、水戸藩士。初名は、酒井秀麿。
  • 1878
    一家で上京。
  • 1881
    東京府中学(現在の都立日比谷高校)に入学。
  • 1885
    東京英語学校に入学、傍ら渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。
  • 1888
    東京美術学校を受験。横山家との養子縁組により、
  •  
    酒井秀麿から横山秀麿となった。
  • 1889
    東京美術学校一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。
  • 1893
    東京美術学校卒業。その後は、京都で修養。古画の模写の仕事に励む。
  • 1895
    京都市立美術工芸学校(現在の京都市立芸術大学)教諭。 雅号を「大観」とする。
  • 1896
    東京美術学校助教授に就任。
  • 1897
    滝沢文子と結婚。 第2回絵画共進会に『無我』出品。銅牌受賞。
  • 1898
    岡倉天心が東京美術学校々長を辞任。横山大観、橋本雅邦ら14人も続いて辞職。
  •  
    その後、天心は日本美術院を設立。
  • 1899
    長女誕生。 第7回絵画共進会に『夏日四題』出品。銅牌受賞。
  • 1900
    第8回、9回絵画共進会に『長城』、『木蘭』を出品。
  •  
    それぞれ銀牌、銀牌一席を受賞。
  • 1901
    菱田春草と、九州・北陸各地へ写生旅行。
  • 1902
    第12回・13回絵画共進会に『茶々渕』、『迷児』を出品。
  • 1903
    妻・文子死亡。菱田春草とインドを訪問。釈迦の実像を描こうとした。
  •  
    第15回絵画共進会に『釈迦父に逢う』を出品。
  • 1904
    菱田春草らと共に渡米。ニューヨーク、ボストンで作品展開催。
  • 1906
    遠藤直子と再婚。岡倉天心が住んでいた茨城県の五浦へ転居。
  • 1907
    父死亡。国が主催となって、官営の「文展」(文部省美術展覧会)が開催。
  •  
    横山大観、下村観山は文展の審査員を務める。
  • 1909
    第3回文部省美術展覧会に『流燈』を出品。
  • 1910
    中国へ出発。ロバを買って帰る。第四回文展。審査員。作品「楚水の巻」。
  • 1912
    明治天皇崩御。第六回文展。
  • 1913
    妻、直子が死す。第七回文展。最後の審査員。作品「松並木」。
  •  
    9月、岡倉天心逝去。門人代表の弔辞。日本美術院を再興する。
  • 1920
    『三保の富士』『秋の富士』制作。
  • 1923
    第10回院展『生々流転』出品。
  • 1924
    下村観山竹内栖鳳、川合玉堂らと淡交会を結成。
  • 1928
    ベニート・ムッソリーニに「立葵」が献呈される。
  • 1935
    帝国美術院会員となる。
  • 1937
    文化勲章を受章。
  • 1938
    アドルフ・ヒトラーに献呈するため作品「旭日霊峰」を完成させる。
  • 1940
    紀元2600年奉祝記念展に『山に因む十題・海に因む十題』を出品。
  • 1952
    第37回院展に『或る日の太平洋』を出品。『霊峰不二』制作。
  • 1955
    第40回院展に『風簫々兮易水寒』を出品。
  • 1957
    作品『不二』絶筆となる。
  • 1958
    死去。
  •  
     
  •  
    ・横山 大観 代表作
  •  
    『無我』1897年 東京国立博物館蔵
  •   
    『流燈』1909年 茨城県近代美術館蔵
  •  
    『蕭湘八景』1912年 東京国立博物館蔵 ※重要文化財
  •  
    『生々流転』1923年 東京国立近代美術館蔵 ※重要文化財
  •  
    『夜桜』1929年 大倉集古館蔵
  •  
    『大楠公』1938年 湊川神社蔵
  •  
     
  •  
    ・横山 大観 関連書籍・図録
  •  
    「横山大観の世界」 美術年鑑社 (2006/03)
  •  
    「気魄の人」 (別冊太陽 日本のこころ) 」 平凡社 (2006/7/15)
  •  
    「現代日本絵巻全集〈2〉 」 小学館 (1982/01)
  •  
    「近代日本画、産声のとき―岡倉天心と横山大観、菱田春草」 思文閣出版 (2004/08)
  •  
     
  •  
    ・横山 大観 所定鑑定人
  •   
    横山大観記念館
  •  
    〒110-0008 東京都台東区池之端1-4-24   03-3821-1017