SEIHO TAKECHI
竹内 栖鳳 (日本画家)

日本画家 竹内 栖鳳(たけうちせいほう)の絵画、掛軸を販売、買取、評価、価格査定しております。 美術品・絵画・骨董品の買取は、神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。

ARTIST PROFILE

  • 1864
    京都に生まれる
  • 1877
    四条派の土田英林に師事
  • 1881
    幸野楳嶺の画塾に入門
  • 1887
    京都府画学校北宗画科修了
  • 1889
    京都市立絵画専門学校別科に入学
  •  
    京都の若手画家の先鋭として名をあげる
  • 1895
    京都市美術工芸学校の教諭となる
  • 1900
    渡欧してターナー、コローなどから影響を受ける
  •  
    棲鳳から栖鳳に改号
  • 1907
    文展が創設され、審査員となる
  • 1913
    帝室技芸員となる
  • 1919
    帝国美術院会員となる
  • 1920
    翌年と2回にわたる中国旅行、新たな画風の展開をみた
  • 1924
    代表作となる「班猫」を制作
  •  
    下村観山横山大観、川合玉堂らと淡交会を結成。
  • 1937
    横山大観とともに第1回文化勲章受章者となる
  • 1942
    死去