KOKEI KOBYASHI
小林 古径 (日本画家)

川田画廊では日本画家 小林 古径(こばやしこけい)の絵画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。 ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

ARTIST PROFILE

  • 1883
    新潟県に生まれる
  • 1887
    母ユウ亡くなる
  • 1894
    東京美術学校出身の教諭山田於莵三郎について日本画の手ほどきを受ける
  • 1896
    父株亡くなる
  • 1898
    菊池容斎派の画家青木香葩につく
  •  
    「秋香」の号をもらう
  • 1899
    親戚宅にひきとられ上京
  •  
    梶田半古の画塾に入り「古径」の雅号をもらう
  •  
    第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会に「村上義光」を出品
  • 1910
    安田靫彦や今村紫紅に誘われ紅児会入会
  • 1912
    同じく半古塾で学ぶ三好マスと結婚
  •  
    第6回文展に《極楽井》を出展
  • 1914
    第1回再興院展に《異端》を出品
  •  
    日本美術院同人に推挙される
  • 1920
    東京・馬込に画室を新築
  • 1922
    日本美術院から派遣されて前田青邨らとともに渡欧
  •  
    大英博物館で中国上代絵画の傑作「女史箴図巻」を模写
  • 1931
    第18回再興院展に「髪」を出展
  • 1935
    帝国美術院会員となる
  • 1937
    文部省美術展覧会(文展)審査員となる
  • 1944
    東京美術学校教授に就任
  •  
    帝室技芸員となる
  • 1950
    文化勲章を受章
  • 1957
    死去