GEORGES ROUAULT
ジョルジュ・ルオー

川田画廊では当アーティストの絵画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。 ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

ARTIST PROFILE

  • 1871
    フランスパリにて生まれる
  • 1885
    父の勧めでステンドグラス職人のもとに徒弟奉公に出る
  •  
    古いガラスの修復に従事しつつ、夜は装飾美術学校で素描を学ぶ
  • 1890
    本格的に画家を志し、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学
  •  
    マティスらと知り合う
  • 1892
    ドローネの後任にギュスターヴ・モローが就任
  •  
    キリスト教主題の作品をレンブラント風に描く
  • 1894
    シュナヴァ−ル賞受賞
  • 1895
    ローマ賞に再度応募するが落選し、師モローの勧めに従い美術学校を退学
  • 1898
    モロー死去
  • 1903
    モローの旧居を開放したギュスターヴ・モロー美術館の初代館長となる
  •  
    道化師や娼婦を描き始める
  • 1904
    サロン・ドートンヌに作品を出品
  • 1913
    ルオーの陶器に興味を抱いた画商ヴォララ−ルが、今後の全作品を購入するよう申し出る
  • 1917
    画商ヴォラールはルオーと契約を結ぶ
  •  
    ルオーの全作品の所有権はヴォラールにあるものとされたが、この契約が後に裁判沙汰の種になる
  • 1918
    油彩画に専念
  •  
    「キリストの受難」等宗教的主題が多くなる
  • 1924
    ドリュエ画廊で大回顧展開催
  • 1927
    銅版画集「ミセレーレ」が完成
  • 1929
    日本人実業家の福島繁太郎と最初に出会う
  • 1930
    版画集「流れる星のサーカス」、「受難」を制作
  • 1937
    パリ市プティ・パレ美術館で回顧展開催
  • 1941
    アメリカ各地で巡回展
  •  
    以後青を基調とする厚塗りで芳酵なマティエールの小型の作品を描く
  • 1951
    黄色味を帯びたキリスト教的風景画が表れ、平和で神秘的な情景が多数描かれる
  • 1955
    ローマ法皇ピウスよりグレゴリオ大勲章を授与される
  • 1958
    死去