ALFONS MARIA MUCHA
アルフォンス・マリア・ミュシャ

川田画廊では当アーティストの絵画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。 ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

ARTIST PROFILE

  • 1860
    チェコ東部モラビア地方南部イヴァンチツェに生まれる
  • 1871
    聖ペテロ教会の聖歌隊員となり、その奨学金でブルノの中学に通う
  • 1873
    雑誌「モテツト」の表紙を描く
  • 1879
    ウィーンに行き、舞台美術工房で働く
  • 1882
    ウィーンからミクロフに移る
  • 1883
    最初のパトロン、クーエン・ベラン伯爵に会う
  • 1884
    伯爵の援助を受けて、ミュンヘンの美術アカデミーで学ぶ
  • 1888
    パリに出て、アカデミー・ジュリアンに学び、パリジェンヌ誌などの挿絵を描く
  • 1889
    アカデミー・コラロシュに学ぶ、クーエン伯爵の援助を打ち切られる
  • 1894
    サラ・ベルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作、大好評となる
  • 1895
    サラ・ベルナールと6年間のポスター契約を結ぶ
  • 1896
    サロン・デ・サン展のポスターを出品
  • 1897
    サロン・デ・サンにて初個展
  • 1900
    パリ万国博覧会開催、ボスニア、ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当。
  • 1901
    レジオン・ドヌール勲章受章
  • 1904
    アメリカに招かれる。ニューヨーク、シカゴ、ボストンに行く
  • 1908
    N.Yジャーマン劇場装飾デザイン担当
  • 1910
    祖国に帰り、プラハに住み、「スラブ叙事詩」の制作を開始する
  • 1918
    新貨幣や切手のデザインをする
  • 1931
    プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンド・グラス制作
  • 1936
    パリの印象派美術館でミュシャ展開催
  • 1939
    死去